滴が落ち切る、その前に

はっと一息

生駒屋貴文

14分 (7,969文字)
何だろうって、足りないのは

22 1,416

あらすじ

「秋と冬」 朝倉茉優と高野恭介が電車にひかれた猫に向きあう話し。 「冬と春」 茉優と恭介が、受験と進路に向き合う話し。 「春と夏」 結婚式で、茉優と恭介が、短いキスを短いスカートと間違えて、風に押

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

小説の題名の「滴」の重いそして想い意味が胸に刺さりました。

 題名の意味が始めはよくわかりませんでしたが、最後ページを読んで茉優  さんの心の叫びのように感じました。結婚式など楽しく可愛らしい場面も  あったので、余計に『その前に』という言葉に悲しさを感じまし
ネタバレあり
1件