ヴァイオリニストⅠ~神童

人は僕を天才と言うけれど、両親は天災だと嘆く。

鈴 かおり

1時間49分 (64,923文字)

6,166 4,037

あらすじ

ちょっとヤンチャな天才ジム・ブラッキン。天才のくせに音楽院を放校されたり、母に隠し通した初体験は、なぜか全米が知る羽目になり、結局はバレて怒られてしまったりとロクな事がない? そんな中でもヴァイオリ

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 3

ヴァイオリンのことわ 全く知らないけど それでも引き込まれるし とても面白くて 夢中で読んでしまいました。
1件
(応援)これほど薫り高く濃厚な作品があったでしょうか。どんな言葉を並べても語り尽くせない音色がここにあります。言い表せない感情が、音楽にのって染み入る名作です。
4件
音を文字で奏でるとこんなにも素晴らしい作品になるんですね。 読者の想像力も足されて限りないものになっていきます。 感嘆が漏れるほど、どうして今まで知らなかったのでしょう。 聴覚と視覚が研ぎ澄まさ

この作者の作品

もっと見る