このページのリンクアドレス

エブリスタ
ピーリング

小説 SF

ピーリング

秋山実

(6)

いらないものは剥ぎ取ろう

連載中

515ページ

更新:2017/11/23

説明

化粧品の地味な研究をさせられている御影治也。
その一研究者と一匹のスキニーギニアピッグの出会いが世界を変える?

「私たちはいつか、今より少しは物事を知っているようになるかもしれない。しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう」 アインシュタイン


『どうかしている』[リンク]エブリスタ小説大賞2017 マンガボックス原作賞[リンク]最終候補作品
『Dieエット』[リンク] エブリスタ小説大賞2017 マンガボックス原作賞最終候補作品、編集部ピックアップ 新作セレクション[3/23] 選出作品(その後約2週間ジャンル内順位第1位)
もよろしくお願い致します。

この作品のタグ

作品レビュー

スズぴー
スズぴーさん
【作品】ピーリングについてのレビュー

一通り読ませて頂きましたので、レビューを書かせて頂きます。

活字離れが進む現代人にとっても読みやすい文章だったと思います。

現代人の活字離れは隙間無くびっしりと文字が書かれているのもその原因の1つと言われていますが、パラリと書かれたページ内の文章バランスが私はとても好きでした。

1ページに内容を凝縮しすぎていないので、読んでいても飽きない読み易さがあり、漫画のようにスラスラと読み進めることが出来ました。

小説の進行方法は主に、主人公目線か、クリエイターによるナレーションタイプかの2つに分かれるかと思いますが、本作については後者が採用されています。

ナレーションタイプで展開する物語の良さは、読み手が一歩引いた目線で物語全体を見る事が出来るので、状況を掴みやすい点にあると思います。

読者を置いてけぼりにしない分かり易い文章で書かれているので、あまり小説を読む習慣が無いという人でも無理なく読み進めることが出来ます。

私もナレーションタイプで小説を書いているので、物語の展開のさせ方、登場人物達の心情表現など、色々と勉強させて頂いた作品でもありました。

今後の展開にも期待したいと思います^^

もっと見る

2017/10/03 13:24
コメント(3)

秋山実さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント