特集

どうかしている

できますれば、本作の改変版『罪と罰のいろどり 』をお読み下されば幸いです。

秋山実

ミステリー 完結 過激表現
2時間24分 (86,184文字)
グロいシーンが苦手な方は、(作品の後半)お読みにならないよう、お願い致します。

903 1.4万

あらすじ

最愛の妻 明里と愛娘 陽菜の失踪。 外科医である夫 上武の悪戦苦闘、そしてその終焉。 エブリスタ小説大賞2017 マンガボックス原作賞/_ofcl_evt_outline?e=151279

感想・レビュー 23

僭越ながら、レビューさせて頂きます。 読み終えてから、凄い、としか表現しようが有りませんでした。 確かに後半グロい、非人道的な内容ではあるけれど、そこに至るまでの過程を緻密に計算し、伏線をはり、読者に
ネタバレあり
3件
僭越ながら、レビューを失礼します。 非常に物語がよく出来ている作品です。 構成、キャラ、背景、物語、全て満点評価がついておかしくない完成度です。 最後まで読者に緊張感を持たせたまま、先も読めず、サス
ネタバレあり
読了しました。 ミステリー要素満載の本作品、ページをめくるワクワクがたまりませんでした。まさに小説の醍醐味が詰まりに詰まった秀作であると断言できます。 僕的には、猫のカンコの使い方に唸りました。あまり
ネタバレあり
1件
もっと見る

この作者の作品