このページのリンクアドレス

エブリスタ
苦い蜜毒

小説 恋愛

甘美な呪い

苦い蜜毒

雪翅

(3)

あの子に近づいちゃだめ。汚れちゃうから。

完結

134ページ

更新:2018/11/18

説明

 
 一緒に遊んでくれるなら、他の子なんか誰もいらない。

 笑ってくれるなら、何でもしてあげたい。

 叶うなら、その綺麗な手に殺されたい。

 何だろうが、誰だろうが、困らせたら許さない。


 知ってるよ。君を一番困らせるのが、あの子だってこと。

 でも大丈夫。僕が守ってあげるから。




 2018.11.17 完結


++++++++++++

 シリーズ一作目
 “甘美な呪い”[リンク]


 なっちゅ様[リンク]から、すごくかわゆい理沙のイラストいただいたので、表紙に飾っちゃいました。
 イラストのリンクはこちらです[リンク]

 なっちゅ様、ありがとうございますっ(*≧∇≦)ノ

この作品のタグ

作品レビュー

雛姫
雛姫さん
【作品】甘美な呪いについてのレビュー

主人公の真白が慕う律、そしてその双子の妹の理沙。

幼い時から一緒の3人の成長と恋を見守りながらも、主人公でありながら掴み所のない真白。彼がなにを感じ、なにを思っていたのか。

この作品の読者になった人は、それを必死に追わずにはいられない。それはある意味甘い毒のようなもの。

正に読者にとってもタイトル通りの作品だった。

まずこの作品に幸運にも巡り合い、読んでみたいと思った方は、前作の「甘美な呪い」を手に取る事を強く薦める。12ページの短編だから、すぐこの作品に戻って来れる。

そうすれば追わずにはいられない。
それ程に前作の主人公理沙が辿り着いた結末は衝撃だったし、その結末を想像せずにいれなかった。

一見結ばれた真白と理沙。
でもそれは外側からみた「結果」でしかなく、実際はわからない。私はそれを知りたくて続編を熱望したので、今とても満足している。

短編で読んだ時以上に蠱惑的な真白だったし、ヒロインである理沙のかわいらしさに彼女が大好きになった。文章も秀逸で、作者様の力量の素晴らしさに魅せられて仕方なかった。

二人の恋の行方が気になって更新の度に追いかけて、続きが待ち遠しかった。完結して寂しいけれど、惜しむ作品であるからこそ、素晴らしい作品だと思う。

本当に素敵な作品でした。
読めて幸せでした。作者様には心より感謝を。
有難う御座いました。

もっと見る

2018/11/17 10:38
コメント(1)

雪翅さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません