このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第27回 「嘘…でしょ…」というセリフを使って書こう

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第27回 「嘘…でしょ…」というセリフを使って書こう

スケジュール

■募集期間
2016年6月15日(水)11:00:00 ~ 2016年7月12日(火)23:59:59

■結果発表
中間発表:なし
最終結果発表:2016年8月下旬

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)

募集内容

新作限定! 初心者大歓迎! 三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第27弾です。

今回のテーマは

「嘘…でしょ…」というセリフを使って書こう

です。
作中のどこかに必ず「嘘…でしょ…」というセリフを入れた妄想を投稿してください。
口調や語尾などは変えても構いません。

・死んだはずのあいつが目の前に!?
・商談に必要な資料を忘れた!助けてくれたのは意外なあの人だった!
・ほぼ100%の勝率だった勝負に負けた…
・3キロ太った!ダイエット開始!!

衝撃的な体験に思わず出てしまったセリフかも?
嘘のような出来事の後に一体何が起こりましたか。
ぜひ妄想にして投稿してください。あなたの妄想作品お待ちしています!

上位3作品には賞金+編集部からの選評!
また、上位30作品を結果発表ページでご紹介します。特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。

過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿された作品)
・分量は100文字(三行程度)~10000文字
※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります。
※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。

応募条件

・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。
・E★エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞に応募中の作品・過去に応募し受賞した作品は選考対象外とします。
・応募締切り後の作品編集可。
※ただし、審査は、締め切り時点2016年7月12(火)23:59:59のデータで行います。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

次回予告

次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2016年6月29日(水)より開催いたします。

Twitterの反応

嘘だなんて言わないで?

小説

嘘だなんて言わないで?

Kana

どうか最後まで読んでください。

完結

5ページ

初めてのデート

小説 青春

初めてのデート

ソラッコ

休載中

10ページ

短編集独立版+元短編集

小説 恋愛

短編集独立版+元短編集

ある聖人と、嘘みたいな「暫定福者」の巡礼

清秀@新書発売中

本当みたいで、嘘みたいな、そんなお話

完結

16ページ

雲間から射し込む光のような

小説 コメディ

雲間から射し込む光のような

水無月秋穂

完結

2ページ

【完結】どうやら僕は神様のようなので。

小説 ファンタジー

【完結】どうやら僕は神様のようなので。

早久慈ネハイ

僕は神様です。誰も信じてくれません。

完結

3ページ

オネエ男子×ツンツン女子

小説 恋愛

オネエ男子×ツンツン女子

EMIMU

休載中

3ページ

選考結果発表

たくさんのご参加、ありがとうございました! 物語の転機に使えるセリフがお題だったため、最後にどんでん返しが待っている作品、意外な展開や不思議な展開が楽しめる作品が集まりました。今回は使いやすいセリフだっただけに、よくある展開に流れがちな傾向がありました。そんな中で受賞作品はオリジナリティを存分に発揮していたかと思います。

大賞(賞金3万円+選評)1名

丹一ノたんぺん3

小説

丹一ノたんぺん3

密室領域のテウルギー

著:丹一

選評:

不思議×ミステリー。妖しくも幻想的なムードに引き込まれます。遺品整理士と能力者のコンビも面白く、この短さでミステリー風味も本へのフェチシズムもキャラへの萌えも味わえる美味しい作品に仕上がっています。本好きにはたまらない短編と言えるでしょう。

準大賞(賞金2万円+選評)1名

朴念仁は四季を愛でるか/御門一家の日常短編集

小説 ヒューマンドラマ

朴念仁は四季を愛でるか/御門一家の日常短編集

朴念仁の梅仕事

著:三山 千日

選評:

一家総出で梅の収穫と調理。そんな中で父親の意外な一面に気付いていく主人公の姿が描かれています。梅の描写が素晴らしく、季節感や香りまでその場で味わっているかのような錯覚を覚えました。筆力を感じます。

入賞(賞金1万円+選評)1名

KAORU短編集

小説

KAORU短編集

僕と僕の夏

著:関井薫

選評:

無邪気な子供時代が大人になる苦さを描いた短編です。ただ楽しかった幼馴染との関係が捩れていく辛さが伝わってきます。やるせない終わり方にも青春を感じました。

佳作

alternative

小説 恋愛

alternative

著:木乃葉コノハ

選評:

短い中で最後のどんでん返しに驚ける作品です。

侵食アプリケーション

小説 ホラー

侵食アプリケーション

著:緒方あきら

選評:

発想が面白く、どんなアプリなのか想像をかきたてられます。物語はまだこれから、といったところですが場面がありありと目に浮かぶようです。

ストックホルム症候群

小説 ホラー

ストックホルム症候群

著:雪宮朔也

選評:

完全犯罪を目指す主人公を描いたクライムノベル。手口もリアリティがあり、ドキドキしながら読みました。ストックホルム症候群を「する」という言い回しが面白いです。言葉としては正確に言えば誤用ですが、主人公の狂気が伝わってきます。

ギャンブラー綺譚

小説 青春

ギャンブラー綺譚

著:plamo

選評:

手に汗握る展開からの最後のオチになるほど、と頷る、無駄のない綺麗なショートショートです。

バーミリオンの天使

小説 ファンタジー

バーミリオンの天使

バーミリオンの天使

著:あぶりもち

選評:

電車が好きな男の子を微笑ましく見つめながら、主人公の痛みと決意を読者も一緒に感じられる作品です。京急についての細かい薀蓄も楽しめます。

優秀作品