このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第62回「お気に入りのあの店」をテーマにした物語を書こう

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第62回「お気に入りのあの店」をテーマにした物語を書こう

スケジュール

■募集期間 2017年10月18日(水)17:00:00 ~ 2017年11月14日(火)23: 59: 59
■結果発表 中間発表: なし
■最終結果発表:2018年1月上旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
※大賞~佳作の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります
※大賞~佳作の作品はエブリスタ公式SNSで配信・紹介される可能性があります

優秀作品(結果発表ページでご紹介)
ピックアップルーキー(結果発表ページでご紹介)

募集内容

新作限定!初心者大歓迎!
三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第62弾です。
今回のテーマは
「『お気に入りのあの店』をテーマにした物語を書こう」
です。

作品のどこかに必ず「お気に入りのあの店」のエピソードを記載してください。


・閑静な住宅街にあるコーヒー店。毎日同じ席に座るあの人に声をかけたら…
・いつも活気があってお客が絶えない品揃え豊富なスーパー!今日はどんな騒動が…
・大好きな骨董屋が閉店!?記念に受け取った品物にはとんでもない価値が!?


そのお店にしか無いような魅力。
主人公が気に入るその店で、どんな物語が生まれるでしょうか。
お店から始まるラブストーリー!?不思議な店で起こるファンタジー!?
テーマから自由に妄想した世界を投稿して下さい。
あなたの妄想作品をお待ちしています!

上位3作品には賞金+編集部からの選評!
さらに上位30作品を結果発表ページでご紹介します。
特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。

また、上位30作品まであと一歩だった作品の中で
応募締切より3ヶ月以内にクリエイター登録された新規作家を対象に
数作品ピックアップルーキーとして結果発表ページでご紹介させていただきます。

☆上位作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります!
(収録が決定した作者様には別途、ご連絡させていただきます)
短編小説シリーズ「5分シリーズ」

過去の妄想コンテストはこちら

文字数カウントの機能変更に伴い、今回より妄想コンテストの文字数が変更となりました。
10000文字(空白・改行を含む)→8000文字(空白・改行を除く)となりますので、ご注意ください!

応募要項

・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿・公開された作品)
※非公開作品は審査対象外となります。
・分量は100文字(三行程度)~8000文字
※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります
・お一人様、何作品でも応募頂くことが可能です。
※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。
※文字数は「文字数カウント(空白・改行を除く)」を参考にしてください。

応募条件

・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。
・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。
・応募締切り後の作品編集可。
※ただし、審査は、締め切り時点2017年11月14日(火)23:59:59のデータで行います。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞で過去に受賞した作品は選考対象外とします。
・エブリスタ内の他公式イベント(重複応募を許容しているイベント)との重複応募は可能です。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

次回予告

次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2017年11月1日(水)より開催いたします。

みんなのコメント

Twitterの反応

あの日から、ずっと。

小説 恋愛

あの日から、ずっと。

胡桃

休載中

4ページ

磯崎の、チョットいい話

小説 恋愛

磯崎の、チョットいい話

心のジャージ

磯崎 薫

行きつけの飲み屋での、ちょっと不思議な出会いのお話。

完結

5ページ

過去作

小説 SF

過去作

ふれる

夏野けい

お気に入りのあの店

完結

4ページ

記憶の薬屋

小説 ファンタジー

記憶の薬屋

たまごやき

完結

10ページ

関節球体

小説 ホラー

関節球体

板本○○子

ドールのお話

完結

22ページ

別れるのは簡単だけど。

小説 恋愛

別れるのは簡単だけど。

夏至たると

イベント参加用

完結

2ページ

選考結果発表

大変レベルが高く、かつ新人さんも多く受賞された回でした。不思議で幻想的なお店、行き詰まったときに前に進むきっかけをくれた店員さんの一言など、心温まる物語や考えさせられるお話が多数集まりました。

大賞(賞金3万円+選評)

記憶の薬屋

小説 ファンタジー

記憶の薬屋

著:たまごやき

選評:

「さあさ、よってらっしゃい、よってらっしゃい。風邪薬から毒薬まで。惚れた病には効かぬけど、恋敵のあやつは殺められるよ」という薬屋の呼び声がとても魅力的で、一瞬で作品の世界に惹き込んでくれます。そんなクセのある魅力を持ちながらも、作品のテーマはとてもまっすぐで心地よい学びと前に進む力を与えてくれます。

準大賞(賞金2万円+選評)

short×short

小説 青春

short×short

ぼくは勇者。

著:桂木 京

選評:

転校してきて友達のいない主人公に、前に進むきっかけを与えてくれた駄菓子屋のおばあちゃん。少年ならではの切ないアドベンチャーです。主人公が痛みや寂しさを乗り越えて一回り成長する姿に勇気をもらえました。

入賞(賞金1万円+選評)

そのほか * 短編集

小説 青春

そのほか * 短編集

あわいあわ

著:悠宇

選評:

シャンパンを中心に据えた物語。物語の美しい部分だけさらりと抜き書きされている「書きすぎなさ」が絶妙で、読み口もシャンパンのようです。味と記憶が結びついて喉を通っていく感覚を、読者も追体験できるでしょう。

佳作

【五分間の短編集】終わらない物語

小説 恋愛

【五分間の短編集】終わらない物語

君は一番にはならない

著:miyama@ややお休みモード

選評:

お気に入りになったお店がすぐに閉店してしまうという悩みを抱える彼女は……。ほのぼのとした恋愛小説です。主人公が心に抱き続ける小さな痛みを優しく包むように描いています。

【五分間の短編集】終わらない物語

小説 ヒューマンドラマ

【五分間の短編集】終わらない物語

逃げ水の向こうに

著:miyama@ややお休みモード

選評:

死んだ母が、かつて坂の上の定食屋に通っていた理由は……。人の苦しみや心の一番暗い部分を覗き込んだような作品で、ある意味でホラーよりも怖いと感じました。身近なところでこのように追い詰められている人がいるのかもしれない、と考えさせられます。

BL短編集「あるときのはなし」

小説 BL

BL短編集「あるときのはなし」

明日のふたり

著:伊石かおり@長編準備中

選評:

幼なじみでもある同性の恋人との距離感に悩み、煮詰まって別れを切り出した主人公。キャラクターに存在感があります。心情描写も丁寧で筆力を感じました。このキャラクターで長編を読んでみたくなります。

丘の上の白いカフェ

小説 ヒューマンドラマ

丘の上の白いカフェ

著:五丁目

選評:

前半のオーバーな表現が、後半で納得させられるオチに収束していく様子が巧みです。

瞳

小説

著:小鳥遊 千波(ch!)

選評:

正解も不正解もない世界を生きる少女の感情を、繊細に上手く切り取っています。淡々と綴られる文体がとても綺麗です。スッキリとさせてくれたり、何か明確な答えを与えてくれたりするお話ではないですが、その分心に残り続ける物語です。

ふわふわな彼女 -ちいさな店と大きな決断

小説 ヒューマンドラマ

ふわふわな彼女 -ちいさな店と大きな決断

著:朝霧 美弥

選評:

ほろ苦く、深いラスト。作者がご自身でしっかりとテーマを突き詰めてこのラストに達したことが伝わってきます。人生のワンシーンを鮮やかに切り取った短編です。

カラカラ

小説

カラカラ

著:かづは

選評:

たったの5ページで涙が出るエピソードに仕上がっています。言葉の選び方も計算し尽くされていて絶妙です。

優秀作品

ピックアップルーキー