何度でも読みたいBL(完結)part9

説明はありません

0PV

作品 30作品

uta
服飾部なので洋裁絡みのシーンが多いけど、とてもリアルで面白い。部活動を通して変化していく関係性や、攻めの滲み出るベタ惚れ感も好きです。メインカップル以外の登場キャラも個性的で魅力的でした。
uta
焦れ焦れの両片思いや男同士であることの葛藤などが切ないけど、面白かった。そこまで長くないのと情景描写も綺麗で読みやすい。
uta
受けが自殺志願者ですが、そこまでシリアスではなく読みやすかった。明るくてマイペースな攻めと、考えが凝り固まった受けとのバランスが良いです。
uta
攻めの溺愛っぷりと終盤の甘々が良い。寂しい環境に置かれていた受けだけど、ラストは幸せ。まわりに優しい人が多いのも素敵。
uta
「夜の宴に発泡酒」という短編の続編。短編ならではの、続きが気になる!という終わり方からの本作の流れとラストがとても良い。攻めの愛が重いのが好み。
uta
情報屋っていうだけでワクワクする設定。攻めの執着っぷりも好みでした。本編は全年齢対象でハッピーエンド後のR18は続編にあるので、そちらも合わせてぜひ!

バズる間取り

BL 完結 過激表現
3時間0分 (107,770文字)
uta
主人公が本当に不憫。たくさん頑張ってるのに辛い事ばかり次々と起こるし、後半は切なくて泣けるけど最後は明るい未来を感じさせるラスト。blとしての絡みは少なめですが、深い愛が伝わってくる。
uta
クールだけどツンデレで結局みんなに可愛がられちゃう受けが可愛い。攻めのブレない溺愛も良かった。たまに切ない描写もあるけど、基本的には軽快で面白くて読みやすかったです。
uta
コミカルな雰囲気で始まり最後まで過激描写もないのに、攻めの重たい愛にゾクリとするラスト。痛々しい描写は苦手だけど執着攻めは好きなので、とても好みの話でした。
uta
周りから見たら異常なのに二人からしたら当たり前の距離感っていう雰囲気が良い。いろいろ悩んでる受けに対して、潔く覚悟が決まってる攻めの執着っぷりも好きです。
uta
オメガバース。前半は切ないけど、攻めが受けをとても大事にしてくれるのが良いです。何かが始まりそうな学生時代には何も始まらないのも新鮮。
uta
面白かった!変わった出会いから変化していく二人の関係性が良い。男臭い攻めが好きな方にはオススメです。ちょっと強気な受けとのやり取りも素敵。
uta
とても面白い。ラブコメかな?という始まりですが、心理描写が秀逸で切なかったりもどかしかったり物語に引き込まれます。過激描写もなく、二人の関係性が変化していくまでのストーリーですが濃密でした。
uta
オカルト+BLですが、オカルトを交えつつBL要素強めなのでBL目的で読んでも面白いと思います。ツンツンぶっきらぼうな年下攻めがとても良い。受けも可愛くて、とても好みの組み合わせでした。
uta
特別な出来事があるわけでもなく、ほとんど二人きり・二人だけの会話で展開されていますが情景描写や心理描写が綺麗で不思議な空気感がとても良い。攻めが受けを大事にしているのが素敵。
uta
面白かった!お仕事BL・ノンケ攻め×トラウマ持ちネガティブ受けという、とても大好物な組み合わせ。攻めが真っ直ぐ向き合ってくれるのも良い。過激表現なしになってますが、ちゃんとありました。
uta
普段はあまり読まない女装物。女装してるけど女だと思われているわけではないのと、女装メインではなくお仕事BLなので読みやすかった。もだもだした分、ラストは幸せ。過激描写の割合は少なめですが、濃密な雰囲気
uta
面白くてスラスラ読めます。女キャラや彼女も出てくるのに終始二人の世界なのが良い。まさにタイトル通りな二人が進展していく過程が素敵。
uta
前半のすれ違いは切ないけど攻めの溺愛っぷりが素敵でした。本編後の過去の小話を見ると、それを踏まえての本編が更に萌えます。
uta
普段はあまり読まないギャグっぽい描写もあるけど(少しだけ)、男前な受けとワンっぽい攻めのやり取りがとてもツボで一気に読みました。続編も連載中。
uta
面白かった!理想的なヤンデレ・執着攻め。痛々しいのや可哀想な展開は苦手ですが、デロ甘展開でとても良かった。性描写も多めですが、やり取りも甘くて素敵。
uta
年下執着攻めがとても良い。最後のモノローグと終わり方が、執着してるんだけど深い気持ちが伝わってきてとても綺麗で素敵でした。
uta
異世界トリップ、溺愛攻め。受けが可哀想だったり辛い展開とかもあまりなくて、面白くて読みやすいです。
uta
「箱庭の子ども~世話焼き侍従とワケあり王子~」の続編。前作も今作も穏やかだけど幸せなラストがとても胸に残る。BLだけどメインカップルの二人の絡みばかりで進むのではなく、一つの物語としてもとても面白い。
uta
オメガバースもの。登場するキャラクターが魅力的でお話の世界観もしっかりしていて面白かった。本編後のその後の話や番外編もたくさんあり読みごたえ抜群です。溺愛攻めがとても素敵。
uta
二人の距離が近付くまでの過程が物語としても面白かった。年下なのにスパダリ!みたいな年下攻めも好きですが、このお話の攻めは年下らしくて良かったです。
uta
グイグイくる攻めと戸惑いつつ押され気味の受けが面白い。ズルズル流されちゃう受けだけど、いざという時はちゃんと男らしく頑張るのも良い。
uta
「木漏れ日スマイル」の続編。続編を含めてとても良かったので、こちらをリストに追加。前作だけでも面白いけど、今作は二人の関係性や心情にグッと踏み込んでいて切ない場面が多い。それを踏まえてのラストが幸せ。
uta
「アルファなBL作家が考証を求めてきます」のスピンオフ。これだけでも読めますが、前作から読んだ方が人間関係が分かりやすくて面白い。前作から気になっていたキャラのその後なので楽しく読めました。オメガバー
uta
すごく面白い。ずっとニヤニヤしながら読んでました。オンラインゲームからの出会いなので現実で出会うまで少し時間がかかるけど、ゲーム内でのやり取りも可愛い。受けが可愛くて一生懸命で応援したくなる。