無彩色の境界で、かくも多様な花が咲く

新鋭作家と連続殺人犯。相反する二人の共通項から事件の核心が徐々に浮かび上がる。

冨森駿

ミステリー 完結 過激表現
7時間6分 (255,572文字)

696 8,974

あらすじ

※本作品には閲覧年齢制限規制を掛けています。 推理小説界に無名の新人が現れた。 彗星の如く現れた彼はヒット作を次々に生んでいく。 時を同じくして殺人事件が起こるのだが……。 似ている!

感想・レビュー 16

完結おめでとうございます!(^^)! いや~初めてでした、途中で強烈な臭いを感じた作品は(゚〇゚;) 血と肉の焦げる臭いが3日は鼻から取れませんでした(^^;) お疲れ様でした(^-^)
1件1件
完結おめでとうございます(^-^) 最後の終わりが気になるので、続編を期待してます(^-^) とりあえずお疲れ様でした(^-^)
1件2件
【再読&再掲載・レビュー追記】  あまりにも……あまりにも、反道徳的かつ挑戦的な異色のミステリー!  殺人が目的かつ手段であるという、凡人には思い付かない逆転の大前提。  冒頭のあの推理小説界
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る