囀る小鳥は毒を知らない

【百合注意】ことりは囀(さえず)る。細い声を、振り絞って。

桜未都

恋愛 完結
4分 (2,238文字)

91 464

あらすじ

「ねぇ、お願い。私を好きになって」 綺麗な情は、愛か友か。 残酷なのは、どちらの想いか。 誰が為に、私は歪む。 かなめんさん[link:crea_u?c=U2FsdGVkX18xXOTc5M

感想・レビュー 16

やわらかな茨の鳥籠。 瑞々しいそれはまだしなやかで、棘も仔猫の爪のよう。 触れたいと思うが為 嫌われたくないと思うゆえ つぶしてしまいそうな衝動を押さえつけるように 鳥籠の棘は外に向かう。 自分を
ネタバレあり
1件1件
【主催】 これはすごい……! いきなり動きのある書き出しから始まって、甘く萌える小学校時代の恋心、純粋で睦まじい関係……そしてミステリ的とも言えるラスト! 短い文章で巧みな構成……傑作です!
ネタバレあり
1件1件
囀る小鳥は毒を知らない。このタイトルに全てが込められているんですね。子供の頃の頬を舐めるエピソードは可愛らしく柔らかで、淡いエロスが感じられて大好きなワンシーン。だけど、エスカレートする感情がことりを
ネタバレあり
1件1件
もっと見る