東野詩会《薄紅色から緑燃え》

《東野詩会》参加作品です

Cullen.A♪愛咲貴 華恋

3分 (1,424文字)

11 119

あらすじ

主催東野遙汰さん、共催者弭田さん イベント/_event_view?e=141013参加作品です。 テーマは「春から夏へ」 《Dグループ》 緋美サマ[link:novel_view?w

シリーズタグ

感想・レビュー 11

恋花さんの作風にはポップなかわいらしい詩と古典的な雰囲気漂う詩の二種類がありますがどちらも共通するのはリズムがいいことですよね。 つい朗読したくなる詩を書かれる詩人さんのお一人です、うらやましいです。
ネタバレあり
2件2件
レビュー失礼します。 あとがきがまさかあことか ありそうでも思い付かんかった。 ポンポンて木琴を叩くような、軽やかでリズミカルな詩にうっとりです。 牡丹にハマった時期があるので、牡丹よかった
ネタバレあり
6件
あとがきといえば最後に書くのがスタンダードなところを、あえて四番目にもってきてそれまでの経緯を説明し、完結の詩をつづる……いや、既存の「型」をあえて逆手に取る詩集としての見せ方にまず面白味を感じた
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る