コウタ ト アール

突然現れた謎の男、それは胸を焦がし、会いたいと切望していたあの人だった。

狼歩

7時間24分 (266,063文字)

233 3.1万

あらすじ

心の奥に小さな不満を持ち、それを押さえつけながら生きている耕太。彼が唯一現実を忘れられるのは小説を書いている時だった。そのサークルで知り合ったアール。会うことは叶わないと思いつつ、いつしか顔も知らない

シリーズタグ

感想・レビュー 14

また一つ、出会えて良かったと思う大切な作品が増えました。 愛やしあわせという形のないもの、そして『再生』が、緩やかに穏やかに描き出された物語だと思います。 一度壊れたものは、全くの元どおりに戻るこ
ネタバレあり
1件3件
(応援) なにを見つめるのか、どこに重きを置くのか。 思えば、この世の中で一番の謎があるとしたら、それは自分自身。 自分を知り尽くしてさえいれば、この湧き上がる感情の正体も、出どころも、対処法もわか
6件9件
幸せってなんだろう? それが、『コウタ ト アール』を読んで、わたしがずっと考えていたことでした。 自分の時間や体を犠牲にしてでも、不満に目をつぶって、自分のやりたいこと、ほしいもの、欲求を押し殺し
ネタバレあり
9件3件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る