特集

ゼノグロッシー -幕末天使異聞-

すべてを断ち斬り、琴が舞う!

丹一

2時間12分 (78,700文字)

101 839

あらすじ

幕末混迷の頃、赤い雨が降る庄内地方── 新徴組の美剣士・中沢琴は、不思議な言葉を喋る子供を助けたことにより、幕府転覆を画策する魔人・青面夜叉と戰うことになる。 琴の元に集う、天狗博士と服部半蔵、ア

感想・レビュー 2

うつくしいものの話をしよう。 いつからだろう。ふと気がつくと、 うつくしいということばを、ためらわず 口にすることを、誰もしなくなった。 そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。 うつくしいものをうつ
1件7件
壮絶、豪快、そして繊細。これは単なる剣豪の物語に非ず。 冒頭の、美麗で不思議な雨の描写からいきなり物語の世界へ取り込まれます。 そして徐々に明かされるあまりにも壮大な背景。 剣を交わす二人の間に、
31件5件

この作者の作品

もっと見る