受賞

かくて記憶ハッカーは戦えり

その記憶をハックせよ

丹一

13分 (7,306文字)

43 549

あらすじ

人の記憶をハッキングする能力を持つ平凡君。 ある日、記憶クラッカーによる暗殺計画を知ることになる。 果たして、平凡君は暗殺を阻止することができるのか…。 異色の丹一ストーリー、その短編です。 超・妄想

感想・レビュー 8

僭越ながらレビューさせて頂きます。 最高にカッコイイ物語でした。 平凡な主人公に宿る平凡な能力。そう思わせる展開から、魅入ってしまいます。実際には世界をも動かせる能力だと分かった時に感じたのは、ど
ネタバレあり
2件2件
短編で終わってしまったのがもったいない!もっと読みたい!と思いました。 主人公の能力のお披露目、少し変わり者のアオネ先輩、事件、能力を駆使したバトル、能力を応用した意外な結末。 SFとして流れ良く、無
ネタバレあり
1件1件
プロのミュージシャンは、あらゆるリズムを使いこなす。ミサイル並みのロックから、場末を思わせるジャズまで。同じ意味で、この作者はプロである。この作品だけを読んで、ああ、この人はこういう作風なんだと思い込
2件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る