宇宙へ

突然、宇宙に行くことになった私。それはかつて無い、困難な任務だった。

特集
150 5,206

やっと完結しました。皆さん応援ありがとうございます。

概要・あらすじ

作者: みぐ
SF 完結
1時間28分 (52,235文字)
理紗は、日本宇宙大学で核パルスエンジンの開発をしていた。突然の太陽フレアの発生による磁気嵐で、宇宙空間にある全ての衛星が壊れてしまう。日本の太陽光発電プラントも壊れて暴走し始め、あと数日で地上を焼き始

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 6

この作者さんの作品はまず私の好みそうな『コンプライアンス開発』を読んだ。 かなり面白かったので次に読んだのがこの作品であるが……中編でもあるこの『宇宙…』 何故だ!無駄なページが1ページもない! 恋愛
目に見えるような表現、スリル溢れるスピード展開が素晴らしかったです。 さすがみぐさん。航空宇宙を得意とするみぐさんの手にかかれば SFを読まれない方でも、とりこになること請け合いでしょう。 本当に素敵
まるで映画を見ているよう(*゚▽゚*) 遅ればせながら読了しました。 完成度に感涙です。 これを読めば、宇宙に行ったかの如く、錯覚するでしょう。 このまま、映画にしてもいいくらい完璧に作りこまれてい
もっと見る

その他情報

公開日 2018/8/24
特集

新作セレクション[9/27]

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る