特集
木守り

木守り ~きまもり~

「お前は俺のものだ、千織」――熱を帯びた瞳で、敵国の将軍はそう呟いた。

倉嘉 ルチル

BL 休載中 過激表現
32時間49分 (1,181,234文字)

1.2万 29.4万

あらすじ

 一人残って敵の軍を足止めせよ――それが、領主の父の命令だった。  国の民全員が逃走した街に一人残り、千織はアガツ国の大軍を待ち受けていた。姿を現わした敵軍の総大将は、全身黒衣をまとった長身の青年だ

シリーズタグ

感想・レビュー 62

ずっとずっと応援しています。

久しぶりに最初から読み返してみました。 何度読んでも面白く、ふたりの素朴な幸せを感じられて嬉しくなります。 これからもこの作品と作者様を応援しております。
3件

素晴らしい、としか言えない

とにかく、もう、素晴らしい。最高な作品。 物語の作り込みがすごくて……細かい設定や伏線、登場人物それぞれの、何かあるのかな⁈と思わせる話しの進ませかた。 未だに、誰が信用できて、誰が怪しいか迷う、素晴
ネタバレあり
3件1件

萌え言葉❣️

休載中の文字を寂しく見ながら、じっくりと読み返しております。 あ〜、こんな事言ってたなぁ、こんな事してたなあと、何度読んでも伏線の見事さに感嘆します。 戦の悲惨さ、人間の残酷さ、その中でも、必ず失われ
4件1件
もっと見る