第一作 首くくりの町

災厄の怨霊に翻弄される故郷。親子三代の慰霊の物語。

夜行列車

ホラー 完結 過激表現
1時間55分 (68,973文字)
人が死にますのでお嫌いな方はどうぞご遠慮を

172 302

あらすじ

昭和の終わりの田舎町。 突如訪れた怪異に住人は慌てふためく。 神主の母親であるお婆さんが驚きの行動に出て、親子三代に及ぶ慰霊の物語が幕を開ける。 「神様・悪魔・あやかしが出てくる小説」という執筆応援

シリーズタグ

感想・レビュー 1

ホラーですが、ラストでは感涙でした。

僭越ながらレビューさせていただきます。 篠宮神社シリーズの第一作目を読まずして最新作から読んで、こちらへと移ってきたのですが。 さすがにシリーズの起源とも呼べるだけあって深い内容でした。 山犬の出
1件1件

この作者の作品