死ニ至ル呪イ~望郷の想い出~

【呪いの烙印シリーズ】の原点となる作品です。

168 1,357

ファンタジー 完結 過激表現
7時間45分 (278,994文字)
長編連載の処女作です。拙い部分は多いですが、少しでも楽しんでいただければ嬉しいです。

あらすじ

 いつの間にか歴史上から姿を消したリベリア公国。  かつて存在したその国に、一人の少年が身を寄せることになった。  身近な者たちに不幸を呼び込み、死に至らしめる呪いを身に宿した少年――ハル。  ハ

シリーズタグ

感想・レビュー 3

ハルとビアンカの出会いの物語

 数奇な事情を抱えた少年ハル、そしてこの作品の主人公である少女ビアンカは彼と運命的な出会いを果たします。  ハルと幸せな日々を送る中、その先に待つ彼女の宿命ともいえる衝撃的な事実に驚かせられました。

ハルって素敵、どっちも面白くなって来た

こちらは明るくて読みやすいですね。とにかくハルが素敵。 片翼の。。でビアンカが待ち続けるのが分かる気がする。 生まれ変わりも、やはり似てるし。 でもビアンカの思い人のハルとは、また違う人。 死に至る。

片翼の翼からこっちに来ました

どっちも面白いです。こちらは処女作という事ですが、 二人の関係を良くかけています。 ハルはビアンカの運命の人? この頃は無邪気なビアンカですね、ハルとの関わりと別れ。 読み始めですが、どっちも楽しませ

この作者の作品

もっと見る