赤い花

赤い花が咲くとき・・

13 245

12分 (6,628文字)
超・妄想コンテスト「赤」 応募作品

あらすじ

あらすじはありません

タグ

感想・レビュー 6

罪を償うということ(ネタバレ感想です)

都会の虚しい生活に疲れた主人公は何かを求めて山に登り不思議な体験をします。 険しい山頂の〇にいた〇女は〇衣に下〇でか〇れんぼ…… ありえねぇ~! 〇の中を導かれあと一歩で〇〇に……というところでさらに

赤い鳥居は原始的な恐怖かもしれない

初夏の登山に始まる清々しさ。それがどうしたことだろうか?  原始的な恐怖か。 なんだかいい言葉ですね。怖いとか悲しいとか、うれしい、そういう感情って、何かを考えることなく体から湧いてくるものなんだろう

じんわり、感動。そして自分を省みる

素敵な作品でした。 まるで、本当にこのような言い伝えと出来事があったかのような。 善行とは何か、私は今日、誰かを幸せにしたのか、考えさせられる物語。 ほんわりしたラストに癒されます。 で、また、考えて
もっと見る

その他情報

公開日 2019/7/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る