燠火

――何時かは必ず、消さないといけない火

14 32

キャンプに行きました。こんなのだったら、さらに楽しかったのにと妄想しました。BLシェアサークル『夏』イベント作品です。

概要・あらすじ

作者: 鷹取 はるな
BL 完結
10分 (5,512文字)
妻に付き合って毎年参加するキャンプで、丹生には密かな楽しみがあった。 それは皆が寝静まった深夜、ウィスキーを片手に炭火を眺めながら、妻の後輩である町山とただ二人切りで語り合うことだった。 今年、「ウィ

タグ

感想・レビュー 2

丁寧な描写に惹き込まれる。一言では言い尽くせない素晴らしさ

文章表現が何より丁寧で、火や酒の描写がリアルに目の前に浮かぶようでした。 最近は読み手に回ることはなかったのですが、どんどん惹き込まれて一気読みしていました。タイトルの意味が分かった時、より一層深みを

こういう『夏』もあるのですね!

この度はサークルイベント『夏』参加有難うございました!(^^)! とても待ち時間に作ったとは思えないような秀作でした! 大人、ですね……夏というと、どうしてもキラキラしたストーリーに向かう傾向が全般に

その他情報

公開日 2019/7/20

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る