兄の離婚

血が繋がっていない社会人兄弟の話です。

須宮凜子

BL 完結 過激表現
4時間27分 (160,169文字)
子どもの頃はずっとお兄ちゃんがほしかったです。

1,961 2.3万

あらすじ

市役所に勤める藤峰真人30歳には、子どもの頃に両親の再婚で兄弟になった2つ歳上の兄・亮治がいる。いくら血の繋がりのない兄弟とはいえ、あまりにも正反対の2人は一定の距離を保ちつつ、大人になってからも普通

感想・レビュー 3

1ページ1ページ胸に刺さります!

お兄ちゃんの恋愛・性癖に関する悩みはとても難しい設定なのに、丁寧に掘り下げられいて、気持ちを想像して共感できる点が魅力的だと思います。 須宮さんの作品は本当に展開の予想ができなくて、ドキドキハラハラ
8件14件

すごくおもしろいです。

何だかは引き込まれてしまいます。お兄さんの恋心は、身体だけ?哀しい。どっちも、幸せになってほしい。
5件1件

真人が不憫

毎日更新を楽しみにしています。 真人が不憫でいじらしくて、胸が痛いです😭 亮治は自分自身の性癖(心は女性を求め、身体は男性を欲する)に悩むあまりに真人の気持ちとか考えた事ないんだ(T ^ T)
3件1件

この作者の作品