特集

クアドロフォニアは突然に

「交錯する、青春と戦慄」ーー過疎化が進む山奥の村を舞台に、卒業を控えた中学生の少年少女達が対峙する連続猟奇殺人事件。

七星満実

1時間47分 (63,846文字)
2時間ほどで読み終わる作品です。映画鑑賞のような感覚でご高覧頂けましたら幸いです。

58 355

あらすじ

 過疎化の進む山奥の小さな集落、忍足(おしたり)村。  廃校寸前の地元中学校に通う有沢祐樹は、卒業を間近に控え、県を出るか、県に留まるか、同級生たちと同じく進路に迷っていた。  そんな時、東京から

感想・レビュー 1

クアドロ5回読ませていただいたファンです。

七星さんの作品がノベルアップにて無料公開されていたとき出会った作品なのですが、まず冒頭からなんともすがすがしい導入で、少し中毒性があります。純文学の良さがありありと表現されていることにいつも驚いてます
1件1件

この作者の作品