La petite Marquise Violette

菫香水(ありもね)の染み込んだ肌の匂いが今も消えない。/男はこの脂肪のかたまりを愛していた。

紅屋 楓(超多忙)

37分 (21,644文字)
作中の建物名「青い雨傘」は創作です。

15 162

あらすじ

菫香水(ありもね)の染み込んだ肌の匂いが今も消えない――。 美しい青年のウィオラ・ベネットは、亡き娼婦の家を訪ねた。 すみれの残り香を嗅いだとき、娼婦と青年は互いの愛で身を貫いた。

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません