香水心中

菫香水(ありもね)の染み込んだ肌の匂いが今も消えない。/男はこの脂肪のかたまりを愛していた。

紅屋楓

1時間2分 (36,811文字)
秋の日の、1〜2日間だけのお話です。

20 661

あらすじ

菫香水(ありもね)の染み込んだ肌の匂いが今も消えない――。 美しい青年のウィオラ・ベネットは、亡き娼婦の家を訪ねた。 すみれの残り香を嗅いだとき、娼婦と青年は互いの愛で身を貫いた。 [表紙はpicre

シリーズタグ

感想・レビュー 1

描写がとても綺麗.....

美しいく、細かく描写されていて物語の登場人物の姿が目に浮かぶようです!✨ それと、選ぶ言葉もすごく綺麗....色なども、『緑』など、大雑把なものではないので、調べて実際に見てみるのが楽しいです(
1件