別嬪〜エス・大正ミステリィ〜

全身を流れるこの血潮のなんと穢らわしいことか!

紅屋 楓(多忙)

1時間12分 (42,652文字)
完結しました!ひなげしの花言葉は「乙女らしさ」や「恋の予感」。

22 261

あらすじ

兄を亡くした悲しみから胸を病んでしまった露路(つゆじ)さん。彼女のもとへ忘れ物を届けに行ったことをきっかけに〈お姉様〉のひなげしさんと〈妹〉の華美(はなみ)さんは十貫寺家のおぞましい陰謀に巻き込まれて

シリーズタグ

感想・レビュー 3

エスが好きなんです

 お姉様!  百合!  ザ・キングオブ・少女小説! (私の中では)  今作、タイトル通り「大正ロマン」による「美」の追求です。文体が今までとは全く異なっているのですが、煌びやかな西洋的な美しさで

洗練された美しい文章

この度は企画へのご参加ありがとうございます。以下、レビューとなります。 いざ読んでみて思ったことは、兎に角文章が美しい! 作者様の知的さが冒頭部分から全開です。 特に、胸の病の描写は苦しさがまる
1件1件

絶妙な言葉選びで描かれる甘い少女と麗しい兄妹にキュンとしました!

完結お疲れさまでした。 大正時代のミステリー物がかなり好きなジャンルであるので、興味津々で拝読させていただきました。 大正浪漫を感じることの出来る絶妙な言葉選びと台詞運びで描かれる可愛らしい少女たち
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品