そういうんとちゃうから

夢追いというものが何なのか知りたくて書きました

山城 木緑

12分 (7,083文字)
妄想コンテストは本当に楽しくて素晴らしい企画です。そこに甘えていました。本作で一旦離れるつもりです。祝150回!

31 418

あらすじ

狭い部屋で同居する木下と櫻井。 二人はお互いに夢を追っていた。 ある日、ストリートミュージシャンとしてプロを目指す木下は、元バンドメンバーから声をかけられデビューの道を得る。 芸人として売れることを夢

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

小説とエッセイの間で

山城木緑さんは心に深く響く小説と、軽妙で愉快なエッセイの両方を書ける方です。小説とエッセイでギャップのある作家はプロにも多く、私が好きな作家にも複数いらっしゃいます。 本作は「心に深く響く小説」側の
ネタバレあり
1件1件