このコンテストは受付を終了しました

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第38回 「猫」が登場する物語を書こう

選考結果発表

ほんわかした物語から猫が人間になるファンタジー、あやかしまでバリエーション豊かな「猫」の物語がたくさん集まりました! 今回は前回以上にレベルが高く、惜しくも優秀作品となったものの中にも、出版されておかしくないと思えるものが多々ありました。皆さんもこの中からお気に入りの猫を見つけてくださいね。 ※大賞~佳作の作品はエブリスタ公式SNSで配信・紹介される可能性があります。

大賞(賞金3万円+選評)1名

妖しくも魅力的なヴァンパイアとエクソシスト、そして猫の物語です。キャラクターもその三すくみの関係性も素晴らしく、小道具として登場する「エメヴィベール」という薔薇も効果的。読者を裏切る仕掛けもあります。シリーズ化して長編でも読んでみたいと思わされました。

準大賞(賞金2万円+選評)1名

短い選評で切り取るのが忍びないほど、複雑で繊細な光景を鮮やかに描いた作品です。年老いていく母と、猫の姿、描写されていない家の細部までもくっきりと読み手の脳裏に浮かびます。「切ない」「哀しい」などという一言では言い表せないラストの心情描写もお見事。小説でしかできない表現です。

入賞(賞金1万円+選評)1名

ハラハラドキドキしたり笑ったりしながら楽しく読める作品です。雅刀の迫力と純平のファンタジックな事件のアンバランスさが面白いです。

佳作

圧倒的な筆力で切なく哀しい物語をぐいぐい読ませる……と思っていました。これから読まれる方のために中身についての詳細は伏せますが、読んだスタッフが周囲の人間に「まあ読んでみて」と勧め、読んだ人間が声を出す、という連鎖が起こりました。この実力をフルスロットルでこの作品に使った作者は凄いです(褒め言葉です)。
猫がいる不思議なお店のお話です。お店ものは何作品かありましたが、この作品は読者の感情を揺さぶりながら心地いいラストに向けて走っていく構成がとても良かったです。連作で続きが読みたくなりました。
文章がとても綺麗で情景が浮かびます。奇抜な展開はありませんが、王道を行く気持ちよさを感じさせてくれる作品です。
コミカルでブラックな人物造形が面白いです。戯画の登場人物のようなキャラクターたちが動き回っているさまが楽しいです。そしてラストはダイナミックに展開していき、驚きと爽快感をくれる作品です。
泣けること間違いなしの優しい物語です。二匹の猫と夫婦の関係を重ねることで、とても暖かい愛の物語になっています。
文章にキレがあり、主人公の心情が短い言葉でスパッと言い表されています。女性読者の共感を呼べること間違いなしの作品です。

優秀作品

ホラー 完結
6分 (3,171文字)

スケジュール

■募集期間 2016年11月16日(水)11:00:00 ~ 2016年12月13日(火)23:59:59 ■結果発表 中間発表:なし 最終結果発表:2017年2月上旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品 準大賞(賞金2万円+選評)1作品 入賞(賞金1万円+選評)1作品 佳作数作品(選評)

募集内容

新作限定! 初心者大歓迎! 三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第38弾です。 今回のテーマは 「『猫』が登場する物語を書こう」 です。 作中のどこかに必ず『猫』を登場させた妄想を投稿してください。 猫は、主人公でもサブキャラでも、通りすがりでも構いません。 ・名探偵はまさかの猫!? ・我が家のスーパーアイドルです! ・完全無敵のあいつの弱点は猫だった!? ・青い目をした三毛猫がのんびりと通り過ぎて行ったニャー 時に愛らしく、時に気ままで、時に盗人。 それが「猫」である。 猫たちがどんな場所で、何を見て、何を感じて、どんな表情を見せてくれたのでしょうか? そんな猫たちが登場する、物語を創ってください。 オールジャンルのテーマから自由に妄想したニャンダフルな物語をぜひ投稿してください。 あなたの妄想作品お待ちしています! 上位3作品には賞金+編集部からの選評! また、上位30作品を結果発表ページでご紹介します。特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。 過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿・公開された作品) ・分量は100文字(三行程度)~10000文字 ※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります ・お一人様、何作品でも応募頂くことが可能です。 ※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。

応募条件

・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。 ・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。 ・応募締切り後の作品編集可。 ※ただし、審査は、締め切り時点2016年12月13日(火)23:59:59のデータで行います。 ・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞で過去に受賞した作品は選考対象外とします。

次回予告

次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2016年11月30日(水)より開催いたします。

コンテストの注意事項(必読)

超・妄想コンテスト