かの未琴

この作品をなぜ読まない?レビューじゃなくて感想です。

一気読みしました。Fのコラージュ。 私もやっと長編本格ミステリーを読めるスキルが身についてきたようです。 そして今ちょっと一口では言えない知的興奮に浸っており、勢いでこの文を書いています。 ロキシー
1件

この作品は非公開になりました

かの未琴

赤は、駆り立てる色

おもしろい!おもしろい! 何度も読み返しました! そして唸ります。 登場人物の執着や鮮やかな手腕を生み出す琥珀さんの、いい意味での執着と鮮やかな技量に感服です!
2件1件
かの未琴

愛だの恋だのは存在しない?

1ミリの誤差がじわじわと拡大していく。 でも本人はいまだ気づいてないという。 彼の愛は愛じゃなかったと、彼を笑う人がいるなら、聞いてみたい。 あなたの愛とどこが違うの。 ありがとうございます。
1件
かの未琴

「金」だけどいぶし銀なおもしろさ

ノンフィクションかと思いました。 金大って田上にあるし。 弁当忘れても傘忘れるなとかね。金沢のお年寄りに私も聞いたことがあるなあって。 AIを外野が描くと、穿った物の見方になりがちですけど、本作のよ
1件1件
かの未琴

ハッピーエンドを疑え

これは…。 予定調和な物語は書き手にも読み手にもおまじないのような安心感がある。 辛いことあったって、素直に生きていればきっとハッピーになれるわ、と。 でもそれも自己愛。 本作主人公の周りに登場す
1件

この作品は非公開になりました

かの未琴
ラスト、重くて低い声で脳内に響きます。 耳から入ってきた音じゃない。まるで私の脳に既に侵入していた機械のつぶやきみたいに。 たかだか10年で、飽きてしまうというのが何とも虚しかった。 私がその世界
ネタバレあり
2件1件
かの未琴
私は「となり」を隔てるものがないと考えた。 小池さんは「となり」をパラレルと捉え、私とあなたの関係性、世界との関係性から、自分が何者かの解を導く。 そんな発見も面白かったのですが、というか違う? 書
1件
かの未琴
事件の解釈の仕方に共感しました。 完全な悪人はいないと私も思う。でも完全な善人だっていないでしょと。 口にするのが事件後しばらくしてから、というのが、これまた優しいではありませんか。 私が小学校の図
ネタバレあり
1件
かの未琴
本を読むか? 音楽は聴く。哲学はちょっとだけ。文学知らない。 やっと知ってるタイトル出てきたと思った虐殺器官、どこいった?(笑) だから、ハルキ読んでたらガジェットとしてのファッションとかお酒とか、
1件

新しい人

SF 完結
13分 (7,494文字)
かの未琴
今作も興味深く読ませていただきました。 感情のせいで人生の選択に失敗することもありますしね。 進化の過程で淘汰されなかったってことは、このめんどくさい感情という荷物も、もしかすると生物として不可欠なの
ネタバレあり
1件

この作品は非公開になりました

かの未琴
出だしからしみじみと、 でも喰ウ寝ルさんの繊細な文章に、不思議と安心して読み進めることができました。 携帯の連絡先を消す瞬間なんてドキッとして、気づくと自分と重ねていて。 でもぬくもりの記憶が人を前に
ネタバレあり
1件
かの未琴
第二部もおもしろかったです! 背景の社会問題が本と合わせてちらちら出てくるけど、ライトに読めました。 本質意思と選択意思を問われるくだり、グッときた。ファミマのキウイジュース好きです。 あとルーリー
ネタバレあり
2件
かの未琴
知性と暴力のさじ加減がとても好みです。 純粋読者として、どハマりしました。 続きも読まねば。
1件

Route 267

青春 完結
2時間13分 (79,354文字)
かの未琴
読みました、Route 267。 いま、ここ。伊佐にいる必然性がある。というか、伊佐以外にあり得ない。 モチーフも印象的で、でもそれらはここにわざわざ私が書くまでもないこと。 モチーフのそれぞれが必然

この作品は非公開になりました

かの未琴
エロティック美術を鑑賞してる気分です。 とても内省的な作品に感じる。 おもしろい。

この作品は非公開になりました

かの未琴
テレビをつければ高校野球の真っ最中。 ああサヨナラ試合終了だ…でも終了のサイレンは始まりの合図。 …無限のな。キャーッ! 本作は、熱闘甲子園をTV人形劇で観ているみたいな楽しさがあります。 大阪桐蔭
1件
かの未琴
とてもおもしろく読みました。 狂気に共感してしまうほどの説得力があとをひきます。 妻目線の短編も読むと、近い距離にいるはずの夫婦がお互いの胸の内を最後まで知ることがなかったことが一層悲しく感じました
ネタバレあり
1件1件

この作品は非公開になりました

かの未琴
自分の人生、子どもの人生、つれあいの人生にも腹をくくることであり、その覚悟を柔らかな幸せにしてくれるのが可愛い笑顔なのかな、と。 その手で2人も と、彼女1人が罪悪感を背負わなければならなかった状
ネタバレあり
1件
かの未琴
すてきです。 午後9時にはもしかしたらそんな見えない線のネットワークが、あちらこちらにあるのかもしれませんね。
ネタバレあり
1件

この作品は非公開になりました

かの未琴
修学旅行のお風呂のために水着を持ってきた子の話を聞いたことをふと思い出しました。 裸のつきあい、という言葉がありますけど、作中のおじいさんもお風呂の魔法をかけてもらったことがあったのかもしれませんね。
ネタバレあり
1件

この作品は非公開になりました

かの未琴
作者は胎動を記憶しているのだろう。 まるで高尚でかつグロテスクな生命の力強さを握りしめた胎児が、母胎から産まれ落ちた後ゆっくりゆっくりと手のひらを開く。 その小さな手の内側から膨張を始めた世界が「星の
1件2件

この作品は非公開になりました

かの未琴
ああ、これは胸の奥が掴まれて少し痛くなる。思い出せよ、お前にも何かあったはずだろと、優しくじわじわと掴んでくる。 年号の呼び名が変わり、昭和は古くさいイメージ一色で塗りつぶされた。でも私たち一人一人
ネタバレあり
1件1件
かの未琴
虐げられる側の慟哭で、一気に作品の世界観が見えてくる、すごい構成! 冒頭に戻り、お前が神の名を語るなっと思わず叫びました。 素晴らしい。
ネタバレあり
1件

この作品は非公開になりました

かの未琴
日付は絶望に向かって淡々と進む。 どんな悲惨な光景よりも静かで、絶望的な朝に向かって。 日付は巻き戻らない。止まらない。ループもしない。 繰り返すのは、25歳で成熟したはずの愚かな脳。 優れたテ
ネタバレあり
4件
かの未琴
庭師というお仕事に、ほの微かな色気を感じました。 夢の中のような情景にすっかりとらえられてしまった私も、ラスト、脚立から飛び降りるシーンでふと我にかえる、このなんとも言えない読了感がクセになります。
ネタバレあり
2件1件
もっと見る