ホクトん
面白く読ませて貰ってます。ひとつお聞きしたいのですが、しずい邸は男娼を抱きたい人が来て、ゆうずい邸は抱かれたい女性が来る、という文章を読んだと思うのですが、抱かれたい男性はどちらに行くのでしょうか?
2件
ホクトん
とても面白かったです。シリーズですよね?続きますよね?待っています。こんなに少ないスター数でいい作品ではないと思います。結構一気読みした部分が多かったので、あまりスター送れずすみません。これからも頑張
1件
ホクトん
とても良いお話でした。作者様の考え方にも多々共感することができました。次作も楽しみにしています。お疲れ様でした。 ところで、ペンネームは「よふかし しすぎ」と解釈してよいのでしょうか?「たごさく」さん
ホクトん
お疲れ様でした。 作者さんの作品の雰囲気がとても好きです。次作も楽しみにしています。 ところで、多悟咲というペンネームはたごさく、と読んでいいのでしょうか?作品の雰囲気とペンネームとのギャップが面白い

家業の生贄になりました。

BL 完結 過激表現
6時間48分 (244,384文字)
ホクトん
なかなか面白かったです!もっと読書さんが増えてもいいと思います。スターも。初代さんの他の作品もこれから全部読もうと思います。沢山書いて下さい。
2件
ホクトん
リンケージ3、是非是非upお願いします。マドイさんの作品とても好きです。
2件
ホクトん
吉沢様、お疲れ様です。優しい心持ちのご一家ですね、読んでいて私もほっこりしました。吉沢様が優しい気持ちの方なのでしょうね。どんな時代背景であろうと優しい人の周りには優しい人が集まりますね。逆もそうなの
1件
ホクトん
何気なくヒューマンドラマのおすすめを開いて見ていましたら、なんと!松本が出てきたではありませんか!松本、私が生まれ育った所です。結婚で松本を離れてしまいましたが、駅やアルプスの描写に懐かしくて思わずコ
すみません、かなりキツイことを書きます。 「王様の受付係」内容はそれなりに面白いと思いますが、日本語がかなりメチャクチャですね。漢字ミス、変換ミス、送り仮名ミス、てにをはミス、など読んでいてかなりイラ

この作品は非公開になりました

ホクトん
佐竹様 佐竹様の作品はどれも好きですが、この「虹の少年」がもしかすると一番好きかもしれません。とても良かったです。
1件
ホクトん
お疲れ様でした。マドイさんの作品、全部読み返してしまいました。次の作品も楽しみにしてましたが、しばらく休まれるとのこと、残念で仕方ないです。その理由に関しては読者のモラルの無さに腹立たしい思いです。で
1件
ホクトん
吉沢様、更新ありがとうございます。しばらく更新が無く一度「お気に入り」に移しておいたのですが、先日見てみたら更新されていて、大変嬉しく思いました。 ゆっくりで結構です。永く続けてくださるようお願いしま
ホクトん
南野さん、更新ありがとうございます。お待ちしてました。南野さんの作品は内容も深く文章も間違えが無く、本当に読み応えがあり大好きです。これからも楽しみに待ってます。
1件

この作品は非公開になりました

ホクトん
佐竹さん、good job!最高です!やはり佐竹さんの作品はこのジャンルの中で一位です。10fukuさんと同じくオメガバースは、そんな設定しなくちゃBL書けないの?と思ってました。それが佐竹さんの手に
1件

この作品は非公開になりました

ホクトん
唐突なコメントで申し訳無いのですが、「花ほころぶは恋」読ませてもらってますがどうしても気になる言葉がありまして、223ページの「検討」は「見当」が正しいのではないでしょうか?以前にも見たことがありまし
1件

この作品は非公開になりました

ホクトん
佐竹さんの作品、全部好きです。まだ「皇帝の犬」は途中までしか読んでいませんが、一番好きかも知れません。あ、もちろん全部好きですが、同じ作者さんですので、似た雰囲気もあるし、全く違う作品にも思えるし、読
2件

この作品は非公開になりました

ホクトん
とても良かったです。「二張」もですが佐竹さん文章力がお有りで、いくつか栞挟んである作品があるのですが、今日一気に読んでしまいました。次作をお待ちしております。
2件
ホクトん
更新のお知らせがありますが、ページ数が変わっていません。どこが更新されたのかわからないのですが、見方が悪いのか、エブリスタをよく理解してないからか。教えてもらえますか?
ホクトん
漸く続きが読めました。ありがとうございます。南野さんのシリーズ作品どれも何回か読み返すほど好きです。お忙しいでしょうが、書き進めてください。
2件
ホクトん
去年からもう4.5回読んでいます。私は高校生の頃からは遥かに離れてしまいましたが、あの頃を思い出し、懐かしい様な甘酸っぱい様な気持ちになります。とても良い作品ですね。
ホクトん
タイトルに惹かれて何気なく読み始めたら、止まらなくなって、巻乃一が終わり今巻乃二です。誰でも知っている有名人も出てきませんし、有名な事件もありません(今のところは)でも、非常に読み応えのある作品です。