エブリスタ
LALAさん [「彼女の隣に居る僕は」へのレビュー]
2015/8/31
こんばんは、LALAです

この度はイベント参加ありがとうございます、そしてレビューが遅くなってしまい たいへん申し訳ございませんm(__)m

こんな私ですが、精一杯レビューさせていただきます

では参ります

高校生故の甘酸っぱく純粋で、それでいて どこか切ない恋物語――楽しく読ませていただきました

ヒロインが主人公にとってヒーロー的存在というのは面白い設定だと思いました

女々しくヘタレな主人公と、ハキハキとした性格のヒロイン……2人の やり取りにはクスリと笑えますし、こと細かく丁寧に描かれた主人公の心理描写の文は まるで透明なガラス玉のような美しさがあります

作中に出てくる「ゲート」という設定も、読み手に「もしかして……?」と考察の余地を与え、物語に惹き込まれます

物語は楽しく読ませていただいたのですが、気になった点がいくつか ありました

1 心理描写に反して背景描写が希薄

2 登場人物の容姿がイメージしにくい

3 心理描写が丁寧すぎる故にテンポが悪い

この三点ですね

心理描写は非常によく書き込まれているのですが、ソレ以外の背景描写やキャラの容姿に関する情報が不足していると思います

どのような場所で どのようなキャラが会話しているのかイメージが湧かず、せっかくの物語の魅力が半減してしまいます

担任の先生も中年である以外、性別も不明でモヤッとしてしまいました

あと、地の文も量が多すぎる故に物語のテンポが遅く、ビッシリと書き込まれている為、通して読むのには疲れてしまうような気がします

どうしても必要な部分以外は削る、もしくは一文一文を減らして改行を入れるなど良いかもしれません


長々と失礼致しました

あくまでも個人的な意見なので、軽く聞き流していただけると幸いです

では、駄レビューを失礼致しました
コメント(2)

このコメントへの反応

関連リンク