エブリスタ
こにし桂奈@ケーナさん [「真紅の白百合」へのレビュー]
2018/10/12
昭和初期は、その時代を生きていないのに、あの頃はよかったとなぜか思える古き良き時代。
そこを選んだところから、してやられた気になります。
地の文から会話、作中の人間関係まで、すべてが昭和初期のモダニズム。
それに加えて、背徳とエロチシズム、流れる血と美しき白百合などの、作中で与えられる選び抜かれた要素に心のひだを震わせられます。
読書中、自然とタイムトリップできるこの作品は、秀逸で一読の価値ありです。
「野生時代」入賞、おめでとうございます。
コメント(2)

このコメントへの反応

関連リンク