このページのリンクアドレス

エブリスタ
花粉劇場~おこなの恋~

小説 コメディ

花粉 愛の劇場

花粉劇場~おこなの恋~

ありす/休

(16)

花粉症状にお悩みの皆様に捧ぐ

完結

50ページ

更新:2017/02/22

説明

エッセイ「ありす in EveryLand」で連載していた花粉劇場を1作品として独立しました☆

全ページ挿し絵つき♪(;∀;)

ツラいツラい花粉の時期も
こんな風にしちゃえば笑えるカモ!?

そして混沌の王さま執筆
「花粉劇場外伝~反逆のこなゆき~」[リンク]
こちらもよろしくお願いします!

ぜひ花粉の涙を笑いの涙に変えてくださいね♪

この作品のタグ

作品レビュー

haori@1月に更新再開&長編新作
haori@1月に更新再開&長編新作さん
【作品】花粉劇場~おこなの恋~についてのレビュー

ネタバレ

(応援)

絶対的に言えるのは、口にものを入れているときに読んではいけないということ。
そんなことをしたら、ああ憐れ! 口の中のものを吹きだして、確実に目の前は惨事となることでしょう。

ゆえに、
①口の中には何もないか、
②笑いだしてもおかしくない環境に自分がいるか、
読む前に最低この2つは確認しておくことが必要でしょう。

それにしてもどうしてこうも面白いのか!

恋も有れば嫉妬も有りまっせ。しかも全ページに挿入されたイラストに描かれている登場人物たちの美麗なこと!(ただし、一部除く)

だからそう! 読者をキュンキュンさせる要素はしっかりと満たされているのです! 加えて言えば、登場人物たちはそれぞれ真剣で、誰かを笑わせようなどまったく考えてはいない。だのに、一体どうして!?

…まあ、作者さまのせいに他ならないんですけどね。

真剣に恋し、真剣に嫉妬する彼らを巧みに操り、読者を笑いのどつぼにはめ込んで、笑う以外のことをさせてくれないのは。そんな作者さまには本当に、私は尊敬のまなざしを向ける他ありません。

と、何やら笑いばかりにスポットを当ててしまいましたが、この作品は本来、花粉の涙を笑いの涙に変えることをコンセプトに置いて書かれた作品であり、よくよく読めば、花粉症についてのことがてんこ盛り。読了すれば、ひと通りの花粉症の知識を得られること請け合い。

…ただ、私、花粉症じゃないんですけどね。けれどそれでも、とてもためになりました。花粉症っていつ発症するかわからないものですし、それに備えての意味も含めて、ええ。

さて、読み返してみれば、これ、レビューか? なのですが。一応レビューとして、こちらに置かせていただければ幸いです。

最後に。
面白すぎる物語をありがとうございました(^ ^)

もっと見る

2016/12/01 20:00
コメント(3)

ありす/休さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません