このページのリンクアドレス

エブリスタ
あい亭の一席 『幾代餅恋懸橋』

小説 歴史・時代

あい亭の一席 『幾代餅恋懸橋』

あい

(3)

真面目で一途な搗き米屋の若い衆、清三が恋煩い――?

完結

21ページ

更新:2018/04/22

説明

時は文化四年――落語の幾代餅の時代からはもう百年余りが経ちまして、幾代太夫もとうにこの世の人ではございませんけれども、その名を冠した幾代餅は変わらぬ人気を誇る両国の名物でございました。
その幾代餅が縁を結んだ、もう一人の清三の恋のお話し。
エェ、毎度馬鹿馬鹿しいお話しでございますが、しばしお付き合いを願います。

この作品のタグ

作品レビュー

あいさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません