エブリスタ

「純文学的作品集」シリーズ一覧

説明

私は私のままを書けば良い。
それに気が付いてから、私は飾るのを辞めた。

文学である保証はない。
ましてや純文学である保証などない。