5分 (2,909文字)
超・妄想コンテスト「白」 優秀作品

12 848

あらすじ

ご訪問ありがとうございます。 本人がどうしようもないところでなされる差別は 無知や偏見や大人の価値観で影響することも多々ありますね。 僕が高校の時同じ障害をもつ友人がいました。

目次 1エピソード

感想・レビュー 6

ラムネのお菓子の、白さとはかなさ

白をテーマにした短編です。 ラムネのお菓子、妹の小さく可愛らしく、そしてはかない弱さを、よく表現しています。 コメントを読むと、アルビノのご友人がいたことがわかります。白というテーマで、真っ先に思い出
1件2件

強さを感じました

差別やいじめって、解決するには周りが大人になるまで待たないといけない所がありますが、「されてる」方は辛くてそれまで待てないですよね。 子どもも辛いけれど、親御さんも辛いと思います。本作での、子供の痛み
1件1件

心に響く作品

お兄ちゃんの妹を想う気持ち。 ぶっきらぼうで乱暴でしか伝えられないけど、真っ直ぐすぎる愛に胸打たれました。 それにお母さんも素敵ですね。 悲観的にならず笑い飛ばし、先生にも堂々と主張。鳥肌が立ちまし
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る