幸福のスパイス

少年のとある計画

汐月 詩

9分 (5,323文字)

46 507

あらすじ

ここまで来たらもう、やるしかないのだ。自分の名誉と母へのプレゼントのため、この勝負、勝つしかない。 幸福のスパイスはコリアンダーらしいです

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

『優しさだけがしみるスパイスでした』

おそらく小学低学年の子であろう。 一年間それこそコツコツと貯めた小遣いで、母親へのプレゼントの髪留めですね。 もうそれだけで、心が温まってきます。 そして、メッセージカード。何が書いてあるのだろうか
2件2件