わたしは、リコ

十歳のリコちゃんは、しょうた君の恋を応援しています。

汐月 詩

恋愛 完結
9分 (5,010文字)

28 271

あらすじ

しょうた君の震える手を、わたしが握ってあげられたらいいのに。肝心な時に役たたずなわたし。

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

『わたしは、リコ。十歳。しょうた君のことが大好きです』から始まる。 そうか、小学生の恋物語なのだろうと読み進めます。 でもなんだかちょっと様子がおかしい。どこがと言われても。 おーそうか、主人公の
ネタバレあり
1件2件
こころが暖まると同時に涙が溢れてくる作品でした。 是非、沢山の人に読んでもらいたいです。 辛いとき、悲しいとき、頭にきたとき、きっと心を優しく包んでくれます。
1件2件
リコはしょうた君が大好き。 リコはしょうた君を励まします。 勇気付けます。 しょうた君の笑顔が好きだから・・・ 温かくてじーんと心に響く作品です。 ラスト、良い意味で驚かされました。 リコと
1件2件
もっと見る