現倭建命記─ウツシヤマトタケルノミコトノフミ─

死んでも戦え、ヤマトタケル!

沢市さとみ(読み専)

19分 (11,080文字)
かる~い感じで読めますのでぜひぜひ🥰

16 80

あらすじ

『地元の神社研究同好会』に所属する鳥上八津海──ハツミは日本の神様を妄信している高校1年生。冴えない部長と副部長の卒業を視野に、新人勧誘の為写真を撮りに行った神社で、手負いのヤマトタケルと遭遇する。

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

すき。

神話というフレーズはなんとも神秘的なのに、その内容はドロドロでグロく、ぶっ飛んだ行動の数々……なんとなく共感はできないものだという認識が、綺麗に壊された。 そこから出てきたヤマトタケルのなんと魅力的な
1件1件

ヘリウムよりも軽いノリ

神話って調べれば調べるほどぶっ飛んでる奴らばかり。どんなノリなんだろうかと常々思っていたけど、この作品のノリは近いのかもしれない。 軽い。非常に軽い。プリンを飲むようにスイスイ入っていくぞ。(あれっ
1件1件

最強妖怪はしおしお

これも歴女の好みに入るのだろうか、日本神話好きなら大喜びのあるあるネタがソフトクリームのカラースプレーのごとく散りばめられている。 例によって個性的なキャラ達、しかしそれを押しのけて登場するヤマトタケ
1件2件

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2020/4/17