僕の部屋に降る雪は、

気を抜くとすぐに、囚われそうになる

待宵

恋愛 完結
4分 (2,214文字)

97 829

あらすじ

夢を追いかけて上京した僕の日常と、時折立ち止まる理由。

タグ

感想・レビュー 2

一言一句、かみしめて読みたい

雪の深さと切なさと東京という場所と、表現が美しくて、かつ的確で、一言一句、大切に噛み締めて読まないともったいないお話でした。うまく感想お伝え出来ずすみません…。
2件1件

降り積もる雪が覆い隠すもの…

感想なので、お読みになる方はネタバレ本当に注意です! とても短い物語なのに、切なさがこみ上げました。 東京には夢を抱えた人たちが、たくさんいるのでしょう。 けれど人が抱えられるものには限りがあって
ネタバレあり
6件2件