受賞

夏々風葬

夏が過ぎさり、風が弔う

青のキカ

青春 完結
14分 (7,994文字)
妄想コンテスト第205回「夏の終わり」にて大賞をいただきました。心から嬉しいです。

95 1,002

あらすじ

 プールサイドで並んで話しているうちに、僕は勘違いしてしまったのだ。何もかもが決定的に違うというのに。 ▼あらすじ  中学三年生の浅間 壱は合同プール授業で隣のクラスの問題児・深山と出会う。校長の息

感想・レビュー 3

美しい収束

こんにちは。夏の終わりのご縁で拝読いたしました。文章が簡潔、かつ詩的な表現も多数含まれており、なかなか真似できない筆力の高さを感じました。序盤の陽気な感じから、中盤にかけての不穏な動きへの移り変わりが
2件1件

二人だけの優しい孤独

冒頭から、強烈なキャラの深山が好きになりました。主人公と会話する深山はどこか大人びていて、諦めや虚しさが漂っています。プールサイドの雑音ですら邪魔できない、二人だけの優しい孤独が心に沁みました。 青の
3件1件

長い長い夏の終わり

 ある若い二人が終わらせた、長い長い夏の物語。迸る事のない十数年を抜け出せなかった少年・壱と、夏のはじまりに編まれた友情の繋がりを持つ友人・深山により激動した「信念と打破」のストーリーは、読者の心に深
6件1件