受賞

鳩羽色の憂鬱

望みは一つ、普通の母親

青のキカ

12分 (7,003文字)
妄想コンテスト第187回「忘れもの」にて大賞をいただきました。ありがとうございます…!

72 1,356

あらすじ

 その動作も表情も理不尽さも、すべてが僕の神経を逆撫でする。 ▼あらすじ  中学生の鳩見 鷹也の日課は、母が家に忘れたお弁当を届けることだ。能天気で軽率、人に迷惑をかけてばかりの母を鷹也は軽蔑してい

感想・レビュー 2

迫真性

 主人公の男子中学生と、その母親。  母子二人の継続する何でもない日常の難しさ。  この小説で描いているのは、生活の中で起こりうる苛立ちや衝突と、強くも何気なく生きようとする中で気付き立ち返り和解して
2件1件

小さな家族の、幸せを描いた傑作

こんにちは。忘れもの、のご縁で拝読いたしました。主人公の少年と、母親の、時にはぶつかり合い、時には気持ちを通じさせ、というドラマが見事に描かれているなと思いました。 派手なギミックも、超能力も存在せず
2件1件