エブリスタ
気になったところ、というより私見ですが、
物語の結末がああなっているのでそれからどうしたということを想像の中に委ねるのも良いのかな、と思いました。

もっと長い作品になると、ラストに向けてのところがじっくり語られていくのでしょうけれど、
EDENがなにゆえに生まれたのか、ひとことで終えているところから墜ちたEDENの姿も恐怖の対象として幻覚の中でもう少し見たかったな、という気持ちがあります。
コメント(1)

このコメントへの反応

関連リンク