エブリスタ

植原翠@ウサギパン屋2月発売さんのコメント

植原翠@ウサギパン屋2月発売
植原翠@ウサギパン屋2月発売さん
[ 新しいコメント ]

【新刊発売】
11月から連チャン毎月1回風邪をひいてる植原です。2月に至っては現在3回目の風邪を患っています。
月に1回風邪をひく、といえば魔法少女オブジエンドの久代蓮くんなんですけど、
顔が良くて医学部の大学生で、性格もなんかかわいそうになるくらい良い奴で、惨事を生き残れるルートの未来なら医者になってるというハイスペックな彼と私とでは雲泥の差なので私は夜華ちゃんと結婚できません。

それはさておき、2月20日、マイナビ出版様より
「焼きたてパン工房プティラパン[リンク]」が発売されました!

昨日この記事を上げるべきでしたが、甥っ子(1歳になりました)がお腹を壊したりしてバタバタしてて忘れてたんですよね。すみません。忘れてた上に甥っ子のせいにしてすみません。

物語は、ウサギが大好きな高校生男子、想良くんが動物の体を持つ「獣民」の町に引っ越してきたことで始まります。
ウサギのココが営むパン工房「プティラパン」で、想良とココは獣民が安全においしく食べられるパンを一緒に考えることに。

牧草が盗まれる事件が起きたり、迷子のイルカが寂しくないように対策したり、毎日がのんびりまったり大騒ぎ。

パンと動物の薀蓄をむにゃむにゃ織り交ぜながらお送りします。

試し読みはこちらから![リンク]
ほぼ1話分読めちゃいます。

どうぞどうぞよろしくお願い申し上げます!

では久代蓮ではない私は素直に風邪を治すために寝ます。おやしみ。
植原でした。

もっと見る

2019/02/21 22:08
コメント
植原翠@ウサギパン屋2月発売
植原翠@ウサギパン屋2月発売さん
[ 新しいコメント ]

【新刊の試し読み公開】
1年前から楽しみにしていることり万博というイベントを控えているため、絶対にインフルエンザになりたくない植原です。
普段の2倍くらい手洗いを徹底しています。
お向かいの席の主任がインフルエンザで休み始めたので、いよいようちの部署にも上陸したなーと思いその日からは3倍洗ってます。

それはさておき、2月20日、マイナビ出版さんから
「焼きたてパン工房プティラパン―僕とウサギのアップルデニッシュ―」
が発売されます。

しかし描き下ろしなので、どんなお話か分かんないですよね。というわけで、内容をざっくり短編に落とし込んだ試し読みを書きました。

「焼きたてパン工房プティラパン―僕とウサギのドングリブール―」[リンク]

獣民の町、花芽町に引っ越してきた少年、想良。
彼はウサギの獣民、ココが営むパン工房『プティラパン』のお手伝いをすることなった。
獣民は好きな食べ物も苦手なものも、種族によって偏るようで……。
お客さんがおいしく安全に食べられるパン、君と一緒なら作れる気がする!


これを機会に、どんな作品か知ってもらえたら嬉しいです。
なお、ページ内にあるAmazonリンクは前作「運命屋」のものですので、お気をつけくださいませ。
むろんそっちも読んでほしいけどね。
新刊のAmazonリンクは私のTwitterアカウントに固定されていたり、ファン文庫のホームページにあったりするので、お手数ですがアクセスしてもらえたらと思います。

なんて書きましたが、もっともおすすめなのは「書店さんで予約」です。

春になったらまた別件のお知らせがありますので、そっちも待っててくださいね。
私はインフルエンザにならないようあらゆる予防策を徹底します。イベントが終わったら罹患してもいいかなって思ってるけど。
皆さんもお体を大切にお過ごしくださいませ!

植原

もっと見る

2019/02/01 07:15
コメント
植原翠@ウサギパン屋2月発売
植原翠@ウサギパン屋2月発売さん
[ 新しいコメント ]

【新刊のお知らせ】
妹に「ジャングルの奥地の部族が催事の際に被る仮面の絵を描いて」とリクエストしたら、想像以上にハイクオリティの絵を描いてもらえて驚いている植原です。
こんな無茶振りにこたえてくれる妹を持ってよかったと思いますし、こんな無茶振りをかますきょうだいを持った妹はかわいそうだとも思います。

それはともかく、新刊の予約が始まりました。
マイナビ出版様から2月に「焼きたてパン工房プティラパン~僕とウサギのアップルデニッシュ~」が発売されます。

動物の体を持つ人々、「獣民」がいる街に引っ越してきた高校生の少年、想良(そら)くん。
彼はパン工房「プティラパン」でウサギの女の子、ココと出会います。
獣民は体が動物なので、種類によって食べられるものが違う。
ウサギのココは苦手なものも多いけど、いろんなお客さんにおいしいパンを届けたい。
そんなココのために、想良はココのパン作りを手伝うことに。

……というお話です。


Amazonさんではすでに予約が始まっており、カバーイラストも上がっています。
イラストレーターいつか様の描く想良とココ、そしてプティラパンのお店はかわいくてかわいくてノーベルかわいい賞です。

ちなみに今作は描き下ろし作品です!
ほんわかした優しいテイストに仕上がっていますので、そういうのがお好きな方はぜひあらすじだけでもチェックしてくださいね。

今年ももうすぐおしまい!
来年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年をー!

植原でした。

もっと見る

2018/12/29 22:50
コメント(2)
植原翠@ウサギパン屋2月発売
植原翠@ウサギパン屋2月発売さん
[ 新しいコメント ]

【発売日のお知らせ】
大好きだったスイーツパラダイスが閉店して早四日。植原です。
私の住む静岡にはリーズナブルにスイーツバイキングができる場所がスイパラしかなかったのですが、それが先日閉店しました。しかも閉店を知ったのは最終日。
疲れたときに好きな人の写真を見るみたいなノリでスイパラのホームページを見る癖があるのですが、それでたまたま最終日にホームページを覗いて気づいたのです。

ええ。仕事終わりにひとりで行きましたよ、スイパラ。後悔がないように食べてきました。
しかしまだ心の穴は埋まっていません。泣いてたら優しくしてください。

それはそうと!
12月1日、ビーンズ文庫様から
「5分後に失われる恋」発売です!

私の作品も入ってます。トリです。
失恋をテーマにした短編集です。
悲しいだけでなく、前向きな気持ちにさせてくれる良作ばかりですよ。

学生向けですが、現役恋する学生さんも
青春時代にかえりたい大人の皆さんもぜひお手に取ってくださいませ!

ところで咳が二週間止まないんですが、
咳一回につい10カロリー消費するらしいと知ったのでスイパラ無双は実質チャラです。
スイーツバイキングができるお店、静岡にあったら教えてください。

植原でした。

もっと見る

2018/11/30 07:18
コメント
植原翠@ウサギパン屋2月発売
植原翠@ウサギパン屋2月発売さん
[ 新しいコメント ]

【完結&受賞のお知らせ】
実家のコザクラインコがバスケットゴールにダンクシュートを打つ動画が母から送られてきてニタニタしてます植原です。

去年の9月末頃に投稿を開始したハイファンタジー、「アナザーウィング」[リンク]が完結しました。
長かった! 長引いた言い訳はあとがきに書きましたが、それにしても長かった。
本当はもっとやりたい要素があったけど、削ってこれです。冒険ファンタジーって無限に広がるな!

出会ったとき小さかった竜とか幻獣のたぐいに、ちっちゃくてかわいいからってかわいい名前をつけたものの、その後めちゃくちゃでっかくなって名前が似合わなくなる
ってシチュエーションが好きでして、それを実装できたので大満足です。
あと、普段奔放なジジイが緊急時にすごく頼れる存在になって、周りの人たちもそれを分かってて日頃から尊敬してるってのも好きなので盛り込めて嬉しい限りです。



それと、お知らせがまたひとつ。
「キャンバスに星空を」[リンク]が、エブリスタ×角川ビーンズ文庫「恋」短編コンテスト第3回「失恋」 [リンク]にて大賞をいただきました。
ありがてぇー!

美術部の合宿を舞台にした、先輩と先輩と後輩の三角関係の物語です。
ちなみに、「出席率がびっくりするほど低いのに2、3日で絵を仕上げて賞をかっさらう部長」は私の高2時代の部長がモデルです。
何ヶ月も準備してやっと部長と同じ賞をとれた私にとっては、「ずるい!」以上に「かっけぇえええーー!!」って存在でした。あんなふうにしれっとこなしてみたい。
顧問の先生からは、よく叱られてる部長でしたけどね。

いろいろ言いましたが、平たく言うと
長編が完結! 短編が受賞!
そんだけです。興味がある方はぜひ読んでみてくださいませ!


植原

もっと見る

2018/08/25 20:26
コメント(1)

過去の機能