倫理と情熱の狭間

愛せないなら、せめて憎んで、奪って、壊して

雛姫

恋愛 完結 過激表現
8時間35分 (308,873文字)
素敵な表紙絵頂きました(2018.09.03)

735 1.9万

あらすじ

1つの罪がポタリと落ちる それは水に溶け、波紋を作り、広がってゆく 私達は抗う事が出来ぬまま、飲み込まれ沈んでゆく 初めての口付けは永遠を誓う幼く透明な恋 二度目の口付けは奪われるような激情の

シリーズタグ

感想・レビュー 29

中学生の深青と廉の恋愛、幸せの絶頂の時に、闇の中に突き落とされて…… 深青の苦しみに、私も切なくて苦しくて。 普通なら諦めてしまうのだと思う。 何も障害のない新しい恋愛をしていくんだろう。 だけ
ネタバレあり
1件1件
すごく遅ればせながらなのですが、完結おめでとうございます! 雛姫さんのお書きになるお話はとてもいろいろと考えさせられました。 素敵なお話ありがとうございました(*´ω`)
1件
2人で歩く道。 倫理と情熱の道の狭間で揺れ動く登場人物それぞれの感情や行動が、深く細密に描写され、何度も心を動かされました。 とても重く難しいテーマだと思います。 どうかどうか、2人が幸せな
ネタバレあり
9件3件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品