センセ、好き。―粘着系年下男子の憂鬱

いつも君は、センセ、と少し甘えた声で呼んだ

ゴトウユカコ

恋愛 完結 過激表現
4時間51分 (174,399文字)
またも糖分補給用に、つい新作に手を出してしまいました

256 3,297

あらすじ

理由なんて何もなかった。 「センセ」 少し甘えるような君の声に縛られたまま。 気づいたら、夕焼け色の教室でキスをしていた。 でも始まりかけていた恋を終わらせたのは、私、片桐杏。 だって君は、教育実習

感想・レビュー 2

素敵な作品でした♡♡♡

完結お疲れ様でした。 最後まで、一途で献身的な愛を貫く蒼君がかっこいい。 またもや、ユカコさんの描く年下男子にキュンキュンさせられました。 素敵な作品を読ませて頂き、有難うございました。
2件1件

好きです。

ゴトウさんの書かれる粘着性年下男子が大好きです。こんなに一途に愛されたいものだ。。
3件1件

この作者の作品

もっと見る