受賞

虹色鉛筆

九年越しに再会したのは、どこに引っ越したのかすら知らなかった、初恋の人でした。

49 147

恋愛 完結
14分 (7998文字)
角川ビーンズ文庫「5分後に失われる恋」収録作品

あらすじ

『もしかして、俺の目の前に座ってる?』  通学電車、SNSで来たメッセージ。顔を上げると、記憶の中で何度も思い出した君が目の前にいた。九年前の面影を残したまま。

タグ

感想・レビュー 2

※このコメントはネタバレを含みます

 素敵な導入から一気に読ませてくれる作品です。  あえてひとことでいうなら「こころが若返る作品」でしょうか。  初恋も片想いも、そして両思いも、いずれにしても「恋」は日常に力をくれます。  それがも

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る