受賞

絆のエレメント

平井橋で起きた女子高生殺人事件。挑むのは警視庁刑事と生活安全課の職員。

福川永介 (ふくかわ えいすけ)

59分 (34,978文字)
警察目線のミステリー小説です。本格推理、かつポップな要素も取り入れました!! バディ小説大賞、入選いたしました!

244 8,158

あらすじ

平井橋の高架下で、女子高生の堂本しずるが殺害された。死因は絞殺。 彼女が握っていたのは、ビー玉だった。 犯人逮捕のため、バディを組んだのは 警視庁刑事――天沢(あまさわ)と、 生活安全課職員――海藤(

感想・レビュー 11

面白い

主人公の天沢が特にイイ。 チャラくて女好きなのに、いざというときにはめちゃくちゃ頼りになってカッコいい。立場は逆だけど、なんとなくルパン三世を彷彿させる。好き。 特にソフトボールのバッティングシーンは
1件1件

カイちゃんがかわいい!

 殺人やいじめ、性的暴行という重いテーマを扱いながらも読後がとてもさわやかな作品でした。それは天沢とカイちゃん(この呼び方が好きなのでそう呼ばせて頂きます)のキャラクター設定がとても良かったからだと思
ネタバレあり
1件1件

バディそれぞれの「エレメント」

面白かったです。 バディもの、そして刑事物の王道ミステリ小説。 ざっと説明するとそんな感じですが、とにかく登場人物が魅力的でした。それぞれのバックグランドやキーアイテムを絡めて、しっかりとキャラ立ち
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る