受賞

僕らのかくしごと

隣人の死にまつわるサスペンス系の短編ミステリ。(妄コン大賞受賞作)

福川永介

10分 (5,767文字)
最後にゾッとする系の短編ミステリ

103 2,610

あらすじ

妻を亡くし、息子と二人で暮らす滝島貞雄。 ある日、隣人の並木が喘息発作で死亡してしまう。 並木の生命線である吸入薬が、なぜか貞夫の家で見つかり物語は大きく進んでいく。 その真相と、死んだ並木の本性、

感想・レビュー 2

悪意の連鎖

こんにちは。書籍化、のご縁で拝読いたしました。全編にわたって繰り広げられる吸入薬の謎、が上手く作用して、無邪気なイタズラがこんな結末を迎えるのかとドキドキしました。 その裏で、様々な悪意や功名心が伏線
1件1件

本質に迫る華麗なるエンターテイメント

作品が公開されてすぐ、読んでいた。 いつだったろう。 僕は感想を書けなかった。 この作品は見えないトゲとなって内臓に食い込み僕を苦しめ続けた。 正直、僕は福川くんに、こんなコメントを送ろうかどうしよ
4件2件