眩夢の果て

広大な館で繰り広げられる悪魔たちとの攻防 『花壇の華』に続く神秘蔵アヌビス シリーズ第二弾

秘蔵 審

ホラー 完結
6時間1分 (216,021文字)
ミステリー要素をまぶしたホラー長編です

245 1.2万

あらすじ

 発端は、東京都西部 美鱒町にある光瑠璃寺で発生した雨の中の神隠し事件だった。事件現場に偶然、居合わせた二敷怜奈。彼女は神秘蔵アヌビスの能力者たちとともに再び邪なる悪鬼と対峙する。

感想・レビュー 2

文体のバランスが絶妙でした。

こちらを先に読んだのですが、人間関係に困ることもなくすらすらと頭に入ってきました。禁忌で甘美な快楽殺人の狂言が魅惑的で、人物描写も含めて目に浮かぶようで作られた世界観に吸い込まれます。 人間の悟りと偽
3件1件

待ちに待った長編第2弾!

新しい個性的なメンバー達が登場し、ますます面白さに深みが出ている神秘蔵アヌビスシリーズの第2弾。 立ち位置によって容易に入れ替わってしまう「善と悪」という根源的でシリアスなテーマが流れているが、恐ろし
3件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る