水界線に二人きり

言葉も交わせない人と機械人形が、互いを幸せに導いたひと日の物語

篠藤 ユウ

14分 (8,000文字)

70 3,736

あらすじ

「字を書く機械のお姫様」、機械人形のセレストは、雨で休園したまま打ち捨てられた、移動遊園地跡のテントでひとり、座ったままでいた。 ある日彼女のもとに、一人の青年がやってくる。 彼はセレストのぜんまいを

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

美しく切ない世界

かつて子供たちの歓声や笑い声が満ちていたこの場所と 今の雨に打たれ黴の生えた取れかけたポスターと 朽ちて行く遊具たちのこの対比が 切なくも美しいこの世界を浮かび上がらせる。 瞬く間に読者はこのオートマ
ネタバレあり
1件

読後感のある重厚な作品

プロの作家が書いているかのような美しい表現と設定の作り込みで尊敬の念を抱きました。たった8000文字なのに一本の映画ができそうな質量を作品に感じました。
2件

雨がもたらす幸福の時間

格調高い文章(ご本人がどう思ってらっしゃるかはともかく、私はそう思います)で紡がれる、繊細な物語のかずかず。篠藤さまの作品はいつも素晴らしくて、読むたびいつも唸らされるのですが、本作もとてもよかった。
2件