このコンテストは受付を終了しました

あなたの小説が5P分マンガになる!ファンタジーコンテスト 「制服を着た主人公が登場する物語」

制服というのは、何かしらの組織や団体に属していることを示すもの。そんな組織という「箱」の内側にファンタジー要素を詰め込むのか、それとも外側にファンタジー世界を広げるのかで、主人公の放つ存在感もまた違ったものになるはずです。 Twitter上で賞典を公開しております。ぜひご覧ください!

大賞

主人公二人の日常を見続けていたい作品ですが、欲を言えば、力を合わせ共に困難に挑む大きな物語も読んでみたい、とも思わせる力がありました。論理的な言の葉使い天音と、奔放な天邪鬼の千歳。相反するキャラが、物語を跳ねさせていました。和歌を使う・事象を逆転させる、という能力のアイデアも光っています。真逆の個性をぶつけて話を動かす、という形は簡単そうで実際に成功させられる例は多くなく、キャラ作り面に大いにセンスを感じます。

準大賞

超能力者が出るミステリは公正性の低下から色モノになりがちですが、この作品は主人公が特殊能力持ちながら、純度の高いミステリに仕上げている、という筆力に非凡さがあります。犯人たちも一言で悪いと言いきれない苦味も、読後に残りました。あともうひとつ、主人公に能力以外の個性があれば、さらに印象深い作品になるのでは。ミステリというジャンルへの愛が心地よい作品でした。

入賞

学校の七不思議に立ち向かう、という物語の形は、児童書などローティーン向け作品に使われるのが常ですが、それを絶望感も緊張感もある、人知れず侵略者と戦う死と隣り合わせの物語にしている発想と手腕がお見事です。従来の思い込みを覆すような、チャレンジ精神を評価します。魅力的な設定のキャラが多くいるので、彼ら、彼女らのことを、もっと深く知りたくなります。

佳作

閉塞感と瑞々しさが同時にある、この作品ならではの青春の空気感によって、一見で世界に引き込まれました。普通になりたい、と言っているのに普通でない、主人公のひとり語りが面白く、また決して諦めない彼女の生き様に強く共感できる上、相棒の吸血鬼少女とのダイアローグも心地よさがあります。もっと読みたい、タイトルのとおりに彼女が人間に戻れるのか知りたい、と思わされました。
伝統の妖怪退治ものながら、描き方に新しさが見えました。怪異を感じ取れる2人の少年の、怪異との対峙の仕方、また自分の能力と世界との折り合いの付け方が、与えられた運命を受け入れて生きようとしているような落ち着いたもので、独特の世界観があります。また、全体的にどこか不安にさせられる空気感を持つ文章が魅力です。ここに特筆したいセンスを感じるので、より空気感の描写に力を入れてみるとよいのではないでしょうか。
「ある日突然美少女が現れて……」という、王道展開をまっすぐ自分の物語にできています。こういう形の物語は、しばしば終わらない日常に入り込んで展開が止まる形になりがちですが、主人公の過去に向かい合い、美少女ヨルの謎を追い、初恋と別れを経験し……と少年たちの成長が描かれ、心地よい結末に導いてくれています。主人公とヨルの過去を踏まえた、彼ららしいエピソードや台詞がもう少しほしいところです。
別の世界線での自分は、一年前に死んでいた。主人公と死に別れたと思っていた友人たちの台詞に胸を熱くさせられ、友情っていいな……等と思わせてもらえました。仕掛けが先行するためか、主人公がどういう人物か、冒頭の説明が良くも悪くも少ないため、感情移入が始まるのが半歩遅れる感覚がありますが、そこからの別れと喪失、そして再会のストーリーテリングは申し分ありません。
千年を越えて生きている魔女・カイが現代で女学生をやろうとすることで起こる、魔女仲間のみならず、一般女学生を巻き込んだ日常の、チャーム溢れたやりとりは微笑ましく、それだけでも楽しめます。その上で、カイの過去がもたらす不穏な動きがあり……と様々な形で飽きさせない、キャラ作りと構成力、両方に秀でたものが見えました。一点、裏で動いている流れをもう少し深く日常と絡ませられると、物語が更に鮮やかになるのではないでしょうか。
フレッシュでありながら、良い意味で生々しい青春感が素敵だと感じました。女子高生同士の関係の描写のリアルさに、強い求心力があります。極めて現代的な展開の中に、妖怪がポンと登場する驚きの描き方もうまいです。全体の印象として前半のイメージの方が強く残るので、その鮮度は活かしつつ、怪異の描写を掘り下げて女子高生と妖怪、両方の物語を描ければより良い作品になるのではないでしょうか。物語としては序章で終わっているので、ぜひ続きを読んでみたいです。
「10代の10年間を繰り返している」という、親友との10年間を描いた個性あふれる舞台建てに、ぐっと掴まれました。その彼との少し不思議な日常は、想像力に溢れたものでしたし、謎が明かされたとも読めるし、全てが嘘だとしてもおかしくはない、不思議な読後感が心地よいです。ただ、淡々としすぎかなという感もあります。印象的な台詞なりキャラへの共感なり、読者のエモーションに訴えかけるような何かがもう少しあれば、言うことはありません。
募集概要
「あなたの小説が5P分マンガになる!ファンタジーコンテスト」 魅力的なキャラクター達が躍動する作品を、どんどん発掘していきます! 大賞作品にはカラー表紙をプレゼント!更になんと、作品の一部をマンガ化! 準大賞作品にもカラー表紙に加え、キャラクターのイラストをプレゼントします!
担当漫画家
亮助 「どんな制服主人公の作品を読ませて頂けるのかとても楽しみです。精一杯担当させていただきますので宜しくお願いいたします!」 【Twitter
募集テーマ
第3回目のテーマは「制服を着た主人公が登場する物語」です。
・新品のセーラー服を試着して外に出たら、なんと大事な制服に、幽霊が憑りついた! ・人間の軍に潜入した魔族の少年。スパイの噂が流れるも、疑われたのは自分ではなく…… ・ファミレスでアルバイト。店長からヘルプを頼まれたけど……え、異世界の店舗!?
制服を着た主人公が登場すれば、どのような世界/時代設定のファンタジー小説でも応募可能です。 魅力あふれるキャラクター達が活躍するファンタジー小説をお待ちしています!
スケジュール
・募集期間: 2020年4月6日(月) 12:00:00 ~ 2020年6月7日(日) 27: 59: 59 ・最終結果発表: 2020年8月中旬頃予定
賞
大賞 1作品 ・賞金3万円 ・表紙用カラーイラスト1枚 ・作品の一部を抜粋しマンガ化  ※抜粋箇所は希望を確認の上、最終選定はエブリスタで行います。  ※マンガ原稿5ページ分となります。 ・選評 準大賞 1作品 ・賞金2万円 ・表紙用カラーイラスト1枚 ・登場人物のモノクロイラスト1枚 ・選評 入賞 1作品 ・賞金1万円 ・選評 佳作 数作品 ・選評 ※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタ公式SNS等で配信、紹介等される可能性があります。 ※賞典のイラスト及びコミックに関する権利は、エブリスタに帰属します。 ※受賞者は、賞典のイラスト及びコミックを、別途ご同意頂く書面の内容に従い、エブリスタ及び自身のSNSやホームページ等で利用することができます。 ※賞典のイラスト及びコミックの発送時期は受賞発表より2ヵ月前後を予定しています。 ※担当漫画家や賞典お渡しのスケジュールは、予告なく変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。
応募要項
・文字数は5,000文字以上 ・20,000文字までの内容で選考を行います。 ・連載中の作品も応募OK! ・すでに完結している作品 並びに エブリスタ内の公式コンテスト及び他サービス等の投稿コンテストで落選した作品を、募集内容に沿うように再構成してご応募いただくことも可能です。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。
注意事項
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。

コンテストの注意事項(必読)